債務整理 自己破産 違い 相談

債務整理とは何?自己破産との違いは?

借金でお困りの方の中には、債務整理や自己破産という言葉をよく耳にするという方も多いのではないでしょうか。債務整理と自己破産の違いは何でしょうか?
債務整理というのは、簡単に言えば債務(借金)を整理する方法の総称です。その方法の一つに自己破産が含まれるわけです。
債務整理の方法には、自己破産、任意整理、個人再生、特定調停などいくつかの方法があるのですが、それぞれにメリットやデメリットも違います。まず、債務整理の中でもよく耳にする自己破産についてお話ししたいと思います。
自己破産とは債務整理の方法の一つで、破産法で定められた制度によって借金を無くすことをいいます。これは地方裁判所を通じて行われます。
地方裁判所に破産申し立てをすると破産手続きが開始され、その後免責許可決定を受けると申し立てをした本人は借金を支払わなくて良くなり、貸金業者からの取り立てもなくなります。しかし、不動産や20万円以上の価値がある車、20万円を超える預貯金のほか、99万円を超える現金など一定の財産を持っていた場合はすべて処分されてしまいます。
また、自己破産をすると官報に氏名や住所などが掲載されてしまうほか、本籍地の市町村の破産者名簿にも記載されることになってしまいます。
さらに、破産手続開始決定から免責許可の決定までの間、一部の職業に就くことができず、資格なども制限されます。そのほか、破産管財人が選任されている場合には、この期間に引っ越しや旅行などもできません。申し立てをしてから免責許可が決定するまでには、数か月から1年程度という長い時間がかかります。
そして自己破産をしたことで一番問題になるといっても過言ではないのが、保証人に迷惑をかけてしまうことではないでしょうか。破産申し立てをした本人の支払い義務は免除されますが、借金が無くなるというわけではありません。ですから保証人がいる場合、保証人には金利なども含めたすべての借金を支払わなければならないという義務が生じてしまうのです。
保証人になってくれた方は、あなたの自己破産のせいで人生を大きく狂わされることになってしまいます。この問題はやはり、あなたにとっても保証人にとってもその後の人生に相当大きくのしかかってくるはずです。
債務整理をお考えの方は、それぞれの債務整理の方法の違いを知り、自己破産をする前に本当にほかに方法がないかどうかをよく考えてみてください。

債務整理の方法の一つである任意整理とは?自己破産との違いを解説

債務整理には、自己破産のほかにも任意整理をはじめいくつかの方法があります。債務整理の方法の一つである任意整理と自己破産との違いなどを見ていきましょう。
任意整理とは、債務整理の方法の一つで、簡単に言うと裁判所を通さずに司法書士や弁護士などが債権者と交渉して借金を減らす方法のことをいいます。自己破産は裁判所を通じて行うものですから、ここにまず違いがあります。
司法書士や弁護士から債権者に対し、過払い金の返還請求、借金の減額や一部免除、金利の減額などをしてもらうための交渉を行います。債権者との和解が成立すると、将来利息を払う必要がなくなり、元金のみの返済になるというケースが多いようです。そしてもちろん、貸金業者からの取り立てはストップします。
自己破産との違いとしては、官報や市町村の破産者名簿に載らないということが挙げられます。プライバシーを守って債務整理ができるという点でかなりの違いがあるのではないでしょうか。
ほかにも自己破産との違いとして、職業や資格などの制限が生じないということ、解決までにかかる時間が短くて済むことなどが挙げられるでしょう。時間が短くて済むうえに、交渉は司法書士や弁護士が行うので、自分で交渉する必要が無いというのも大きなメリットでしょう。自己破産は免責が決定するまでに数か月から1年程度かかりますし、破産申し立てや破産審尋、免責審尋などでは裁判所書記官や裁判官などとの面接を受けなければなりません。これは債務整理中の方にとってはかなり心理的な負担になるのではないでしょうか。これも自己破産と任意整理が大きく違う点といえるでしょう。
債務整理をすると自己破産でも任意整理でも、信用情報機関に情報が登録されることになります。いわゆるブラックリストに載るという状態になるわけです。その期間は、自己破産の場合は約5年〜10年程度、任意整理で約3年〜7年程度であり、ここにも違いが見られます。信用情報機関に情報が掲載されている間は、お金の借り入れやクレジット、各種ローンなどを利用することは難しいでしょう。
任意整理の場合、整理したい借金を選択することが可能です。保証人のいる借金以外のものを整理することにより、保証人に迷惑をかけることを回避することができます。これも、保証人に多大なる迷惑をかけてしまう自己破産との大きな違いといえるでしょう。
このように同じ債務整理でも、自己破産と任意整理ではこのようにメリットやデメリットに違いがあります。債務整理をお考えの方は、債務整理の種類の違いについて知り、どの種類の債務整理を行うべきかをよく考えてから行いましょう。

債務整理なら、法務事務所への相談をおすすめいたします!

債務整理の方法のうち自己破産と任意整理との違いなどについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
これを読んで、自己破産だけはなんとか免れたいなと感じた方も多いのではないでしょうか。財産を処分されてしまうことや、官報や市町村の破産者名簿に載ってしまうこと、そしてなによりも、保証人に迷惑をかけてしまうことを考えると、自己破産以外の方法で債務整理を考えたいものです。
それにはまず、専門家に相談をすることが有効でしょう。ご自分の借金の状態と、どのような債務整理が良いのかということは、自分だけで判断するのは難しい問題です。まずは専門家に債務整理の相談をしてみましょう。
当サイトでは債務整理に詳しい専門家がいる法務事務所をご紹介しています。どのように債務整理をしたらよいか相談したいなど、債務整理に関する相談なら当サイトに掲載している法務事務所にぜひお任せください。
任意整理の場合、整理したい借金を選択することが可能ですので、保証人に迷惑をかけない範囲で債務整理をすることが可能です。整理できそうな借金を少しずつ整理していくだけでも、今の状態よりも借金が軽減し、気持ち的にも楽になれるはずです。どの借金を整理していったらよいかなども、法務事務所への相談でクリアにできるでしょう。
任意整理では専門家が債権者に交渉をしてもらうわけですから、やはり交渉力のある専門家に相談をしたいものです。債権者への交渉がうまくいくかどうかによって債務整理がうまく進んでいくかどうかということが決まってくるといっても過言ではないでしょう。過去に払った利息や将来の利息も見直すわけですから、交渉力がある専門家に相談をするのとそうでないのとでは、実際に今後返済していく金額に大きな差が出る可能性があるといえるでしょう。
実績やノウハウの豊富な専門家なら、債務整理を迅速に、確実に進めて行ってくれるでしょう。当サイトでは、そんな頼りになる専門家が揃った法務事務所をご紹介しています。債務整理をお考えの方は、ぜひ当サイトでご紹介している法務事務所に相談をしてください。
相談は無料で行うことができますので、少しでも債務整理をお考えなら、まずはこれらの法務事務所に相談をしてみてください。相談をすることによって、今後どのようにして借金を返済していったらよいかという道筋が見えてくるのではないでしょうか。
債務整理なら、自己破産を考える前に当サイトでご紹介している法務事務所へご相談ください。交渉職のある法務事務所への相談をし、債務整理を強力にサポートしてもらいましょう。